子供の正しい歯の磨き方について

子供の正しい歯の磨き方について

幼い子供を育てている最中は、いつから歯磨きを始めれば良いのかと気になることがあると思います。「子供が歯磨きを嫌いになってしまった。」「子供の歯磨きをいつから始めればいいのか、タイミングが難しい。」など困っている方も多いのではないでしょうか。この記事では子供の歯磨きを始めるタイミングや、正しい磨き方をご紹介いたします。

子供の歯磨きはどのタイミングで始めれば良いのだろう?

子供の歯磨きのタイミングは「乳歯が生え始めた頃」とされています。ただし、それは「歯ブラシを使った習慣的な歯磨き」の場合です。口内を綺麗に保つということについては、歯が生える以前から気を付けることが大切です。母乳やミルクを飲ませた時に、指にガーゼを巻き、子供の口内を拭く様にして清潔にしてあげましょう。このようにすることで口内を綺麗に保てますし、小さい頃から「口内を綺麗にする」ことを意識させることで、乳歯が生えた時にもスムーズに歯を磨く習慣が身につくようになります。

乳歯が生え始めたらどうすれば良い?

乳歯が生え始めたら、歯ブラシを使って歯を磨く習慣を身につけていくことが大切です。ただし、気を付けなくてはいけないのが、無理に歯を磨こうとしないことです。そして、子供が歯磨きが苦手な内は、歯ブラシを使用しないほうが良い場合もあります。最初は、歯を磨くということに慣れさせることに意識を向けましょう。おすすめの方法は、子供用の歯ブラシを使用し、ブラシを少し歯に当てる感じでスタートすることです。嫌がる場合は、無理やり歯磨きをしないよう気をつけましょう。歯磨きが嫌いになり習慣化させるのが大変になるからです。乳歯の生え始めは、1日の回数の拘りをあまり持たずに、子供の機嫌を見計らって歯を磨くといいでしょう。ただし、寝ている時は細菌が繁殖しやすいので、寝る前については出来る限り歯を磨く様にしましょう。

子供にはどんな磨き方が適しているか

乳歯が生え始めた頃の子供の歯は、母親が磨いてあげるようにすると良いです。子供の歯を磨く際の基本は、寝かせて磨く姿勢です。膝の上に後頭部を乗せ、口内を磨きます。 ペンを持つように軽く歯ブラシ握り、もう片方の手で子供の唇をそっとめくりましょう。この時、子供が急に頭部を動かさないよう、しっかり固定しておくことが重要です。歯を磨く際は、歯ブラシの先端部分のみが歯に接触するように気を付けながら磨きます。 歯茎の部分については、ブラシが当たると痛がる子供もいますので、歯茎部分にブラシが当たらないよう意識しながら磨いてあげましょう。 ただし、極端に歯茎を避けてしまうと、歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすくなります。優しく歯の間と歯茎も丁寧に磨くようにしましょう。

仕上げ磨きをしてあげるのは何歳まで?

仕上げ磨きは母親が6歳くらいまでを目安にしてあげましょう。子供の年齢が上がるに連れて、子供がひとりで歯を磨けるようになっていきます。もし母親が仕上げ磨きをしてあげる際は、磨き残しが起きやすいポイントを重点的に磨いてあげください。ポイントは、上の前歯、歯と歯茎の境目、奥歯です。力の入れ過ぎは良くないです。歯茎を傷つけてしまわないよう気を付けながら、適度な力で磨いてあげましょう。幼い頃に歯磨きの習慣を身に付けさせてあげることで、無理なく歯磨きをしてくれるようになります。幼少期に歯磨きを習慣づければ、虫歯菌が繁殖しづらくなり、成人になってからも虫歯になりにくい強い歯に繋がります。

大人用の歯ブラシは使わないようにしよう

歯を磨くようになったら、最初のうちは子供用の歯ブラシを使用しましょう。 大人用の歯ブラシの場合、ブラシ部分が大きく固すぎる為、子供にとって気持ちが良いものではありません。子供用の歯ブラシを選択する時のポイントは以下の3つです。

歯ブラシの材質に拘ってみよう

シリコン素材を使用した歯ブラシがあります。シリコン素材は質感が肌に似ており、通常の歯ブラシを口内に入れるのが苦手なお子様も、スムーズに歯を磨ける様になるでしょう。

歯磨きが楽しくなるデザインを選ぼう

子供が気に入っているキャラクターや色がある場合は、そのデザインの歯ブラシを選択しましょう。気に入ったデザインの歯ブラシを使用することで、子供にとって歯磨きの時間が嬉しいものになって、歯磨きを自ら行うようになることでしょう。

先端が丸くなっているタイプ

子供用の歯ブラシには、ブラシの先端が丸く加工されているものがあります。ブラシの先端が丸くなっていることにより、歯茎に当たったときの衝撃が弱くなり子供が安心してお母さんに歯を磨いてもらうことができます。

ブログカテゴリの最新記事