親知らずを抜歯する時の心構えと注意点

親知らずを抜歯する時の心構えと注意点

皆様は親知らずの語源をご存じでしょうか。親知らずは、「親の手を離れて知らぬ間に生えている歯」という語源があります。歯の場所で言うと第3大臼歯という一番奥にある歯のことを指し、通常18~22歳頃に生えてくる奥歯にあたります。奥にある分、上手に磨けないことも多く、磨き残しが原因で虫歯になる場合もあります。また、現代の日本人はアゴが小さい方も多く、斜めに親知らずが生えてくることもあります。もしも、親知らずが虫歯になり抜歯をするか判断に迷った場合には、是非この記事を参考にしてみて下さい。

抜歯は口腔環境を整えてから

親知らずは手前の健康な歯を虫歯にしてしまう場合もあります。その為、抜歯を早くされる方もいらっしゃると思いますが、歯肉炎や細菌による感染症を患っている方は先に口腔環境を改善してから抜歯をすると良いでしょう。例えば、細菌による感染症をそのまま放置しておくと、喉にも悪影響を及ぼす場合があります。そうなると、内服薬のみでの治療が困難になり点滴などの治療法をする必要性が出てきます。痛みを感じ始めた場合には、かかりつけ医などで早めに診断をしてもらいましょう。

親知らずは必ず抜く必要があるのか

結論から言うと、親知らずだからといって必ずしも抜歯する必要はございません。ただし、20代や30代と年齢を重ねるに連れて免疫力が低くなってくると口腔内の環境が徐々に悪くなり、それに伴い親知らずが抜歯の対象になることもあります。特に一番奥にある親知らずは、歯ブラシが隅々まで届かず磨けない場合もあり、食べ残しが虫歯の原因になることもあります。現状痛くない親知らずであっても、時間の経過と共に抜歯が必要になる歯になることもあります。そうなる前に早く抜歯をすることで、他の歯に悪影響を与えないことにも繋がります。抜歯をする決断は、総合的に口腔環境を見てからしても遅くはないでしょう。

術後に気を付けること

一般的には、捻挫などをした時には氷で患部を冷やすことが通例です。しかし、親知らずを抜いた後の対処法としては、氷で腫れている幹部を冷やすことは、身体の血流を悪くし、抜歯後の状態の回復が遅れてしまいます。痛みは術後2〜3日で落ち着きますが、痛み止めを服用しても痛みが引かない方などは早めにかかりつけ医などで診断してもらいましょう。そして、歯を抜く当日はお風呂に長く入らないことやタバコやお酒を控え、口腔環境を整えましょう。特に、口腔内が酸欠になる喫煙については、歯周病などの進行を促す要因にもなる為、抜歯の後も含めて控えると良いでしょう

抜歯の後の顔の腫れについて

親知らずを抜く際は様々な手法が用いられます。例えば、歯茎の中に沈んでいる親知らずの場合には、歯茎を切開したり、親知らずを細かく粉砕しながら抜いたりします。時には周りの骨を減らしながら手術をする場合もあります。口腔内だけといっても部分麻酔をしながら手術をする為、個人差はあるものの顔が腫れることはよくあります。その中でも、特に腫れがひどく周りの人達が見てもすぐ分かる状態の時は、口腔環境があまり芳しくない方の可能性があります。口腔環境が悪いと抜歯をした傷口から細菌が入り込み炎症を引き起こし顔の腫れに繋がります。歯科医師は、抜歯の手術のタイミングに慣れているので顕著にかおが腫れることは少ないですが、身体の体調が悪いと口腔環境の悪化にも繋がるため、抜歯の手術前には十分な睡眠と食事を心掛け、免疫力を高めた状態で手術を迎えましょう。

ブログカテゴリの最新記事