顕微鏡歯科の躍進について

顕微鏡歯科の躍進について

マイクロスコープってなに?

マイクロスコープ(顕微鏡歯科)は、歯周病治療や型取り、インプラントなど多様な場面で躍進しています。例えばマイクロスコープ(顕微鏡歯科)を使用すると目では確認できない程の極小の虫歯や初期段階の異常を発見することが可能です。特に虫歯は、被せ物や人工歯などがしっかりと噛み合わさっていない汚れが溜まりやすい場所に生まれやすいです。他にも暗くて狭い神経が入っている管を明るく照らして3倍から30倍程に拡大で観察することが出来ます。今回の記事を最後まで読んでいただくことで、歯科医院への相談の仕方やマイクロスコープ(顕微鏡歯科)の治療期間や治療費用などを把握することができ、マイクロスコープ(顕微鏡歯科)を使用した施術を検討する材料になると思います。

治療期間や治療費用について

マイクロスコープ(顕微鏡歯科)は通常の治療よりも拡大して患部を観察できるため、より詳細に歯の状態を把握することが出来ます。そのため、既存の治療法では判別付かなかった異常についても確認できる為、治療期間については全体的に長期間の治療を必要とする場合が出てきます。マイクロスコープ(顕微鏡歯科)の治療費用については患者様自身の歯の状態により変動する為必ずしも高いとは言えませんが、使用している技術や長時間に亘る治療を考えると自由診療と呼ばれる健康保険が適用されない治療が主流になってくるでしょう。その中でも、根管治療やコンポジットレンジと呼ばれる治療については、一般的な保険適用の治療に比べて高額になる場合が大半です。

歯科医院への相談の仕方

 

実は歯科医院でマイクロスコープ(顕微鏡歯科)の取り扱いがあるとしても、必ずマイクロスコープ(顕微鏡歯科)を活用した施術が受けられるとは限らないです。マイクロスコープ(顕微鏡歯科)による施術を受けたい場合には、事前にマイクロスコープ(顕微鏡歯科)を利用したい旨を歯科医院へ伝えることが重要です。そして、治療の後にはマイクロスコープ(顕微鏡歯科)を使用して治療の内容が分かる様な映像等を歯科医院で確認させてもらいましょう。その様に確認することで、患者様ご自身も歯の状態や治療の進捗状況を知ることができ、満足感や安心感を感じることが出来ます。もし、出来るだけ満足感や安心感を感じられる治療を受けたい患者様は、一般的な治療よりもマイクロスコープ(顕微鏡歯科)を使用した治療を推奨しております。

マイクロスコープのススメ

マイクロスコープ(顕微鏡歯科)の拡大観察により、今まで以上に歯の良くない場所を的確に判別できるように進歩しました。マイクロスコープ(顕微鏡歯科)のこの進歩により、今まで以上に治療の工数が増え、治療期間が一般的な長さよりも数倍に増える場合が発生します。また、マイクロスコープ(顕微鏡歯科)を活用した治療は、新しい設備や特殊な設備を使用した場合が多々ある為、健康保険が利用出来ずに費用が高額になる場合も往々にしてあります。このような注意点もいくつかありますが、マイクロスコープ(顕微鏡歯科)の魅力は何と言っても正確で信頼性のある治療法だと言えます。もし、通常の診療で虫歯を見落としてしまった場合は再度治療をする必要性が出てきます。それに比べ、マイクロスコープ(顕微鏡歯科)という高い信頼性で検査をして虫歯の初期段階を把握することができれば歯の健康を損なわなくて済むかもしれません。治療期間や治療費用が患者様にとっては大きなハードルになる場合もありますが、長期的な治療で考えるとマイクロスコープ(顕微鏡歯科)は大変素晴らしい技術ですので、今後の歯科治療の選択肢に含めてみてはいかがでしょうか。

ブログカテゴリの最新記事