正しい生活習慣で子どもの虫歯を予防しよう!

正しい生活習慣で子どもの虫歯を予防しよう!

子どもの虫歯を予防するために

①食生活に注意しよう

子どもは甘い食べ物を好みます。日頃食べる甘い飴やガム、チョコレートなどを全部取りあげてしまうのは難しいでしょう。ただし、甘いお菓子類に入っている糖分は、虫歯菌によって酸となり歯を溶解させます。お菓子類やジュースなど、糖分を沢山含んだ飲食物を摂取し過ぎないように、親御さんが調整して上手に食事をしましょう。

②ガムや洗口液など使用する

虫歯予防の働きがある成分として、キシリトールやフッ素が挙げられます。ガムや洗口液などには、これらの成分を使用した商品も多く販売されています。ただし、マウスウォッシュについては、大人になる前に使用すると口の臭いの要因になったり、身体に悪い影響を与える可能性があるなどの声もございます。歯科医院に相談しながら、このような気軽に購入できるアイテムを取り入れるのはおすすめです。

③生活リズムを整えよう

長時間口内に食べものが入っている状態は、虫歯リスクを大きく上げてしまいます。空腹があるタイミングでその都度食べる間食は避けて、時間を決めて規則正しい食事リズムの習慣を身につけましょう。その時、食事から歯みがきまでセットにして子供に覚えてもらうことも重要です。

④赤ちゃんの時から歯磨きしよう

甘いお菓子はまだ与えていないという理由から、赤ちゃんにブラッシングをしないのはいけません。歯が生え始めた頃から、タイミングを見て赤ちゃんに歯みがき習慣を覚えさせましょう。例えば、赤ちゃんの頃から食後の歯みがきを習慣にすることで、しっかりした習慣を当たり前のものとして身体が覚えてくれるます。そして、小学校低学年くらいまでは親御さんのの仕上げ磨きがあると良いでしょう。他の方法として、デンタルフロスで歯間の汚れを取り除いたり、歯科医院の指示のもとフッ素洗口を併せて実施すると良いでしょう。

二人三脚で健康な歯を維持しよう

歯科医院で歯を診てもらおう

虫歯がない時に歯科医院に行かなくてもと考える方も多いでしょう。ですが、自宅での虫歯予防の定着と併せて歯科医院の活用も大切です。お子さんの虫歯リスクを増やさない為にも、一定期間毎に歯科医院で受診して診てもらうことが大切です。虫歯予防から見ても、長く健康な歯を保つ為にも、幼い頃から定期的な歯科受診をしましょう。

虫歯予防を気軽に考えてもらう

子どもの歯に虫歯を作らせないことはとても重要ですが、その意識が過度な負担繋がってしまえば継続することは困難になります。無理に継続することなく、虫歯予防の必要性を分かった上で、楽しく継続できる虫歯予防を探しましょう。歯はお子さんがこれから一生付き合うものです。歯がどれだけ大切かを日頃から伝えることが、幼い頃からの虫歯予防で大切なことです。

自宅での虫歯ケアもしよう

お子さんの虫歯予防には、歯科医院でのケアと併せて、自宅での正しい習慣付けが必要です。自宅と歯科医院の両輪で虫歯ケアをして、お子さんの大事な歯を守ることが必要です。その為、一定期間毎に歯科医院に通っていることに安心をして、自宅でのケアを蔑ろにすることはやめましょう。日頃から自宅でしっかりと虫歯ケアを続けながら、歯科医院を利用して、きめ細かなケアをすることが理想です。

ブラッシングと食生活に気をつけよう

お子さんの虫歯予防で大切なのは、丁寧できめ細やかなブラッシングの習慣とバランスのとれた食生活です。習慣は、欲しい時にすぐ手に入るものではございません。幼い頃にしっかり教育することで、お子さんが大きく成長した時に必要な習慣になっています。お子さんが歯の健康を長期的に維持するために、乳歯が生え始めた赤ちゃんの時から、虫歯ケアがしっかり出来る生活習慣を作り上げましょう。

ブログカテゴリの最新記事