赤ちゃんの口内ケアについて知ろう

赤ちゃんの口内ケアについて知ろう

ブラッシングやガーゼによるケア方法

①ブラッシングで口内ケアをする場合

生まれてから8か月~1歳くらい経過すると、上と下の前歯が4本揃ってくるタイミングです。
この時期に突入したら、歯ブラシの感覚を少しずつ覚えてもらいます。
この段階では洗口ができないタイミングなので、歯みがき粉を使用しなくても良いです。

親御さんが仕上げブラッシング用の歯ブラシを鉛筆のように握り、螺旋を描くようにブラッシングします。
歯間や歯ぐきとの境を隅々までブラッシングしましょう。

上にある前歯は、唾液が上手に行き届かない為、汚れが取り除きにくいと認識しましょう。
つまり、唾液で汚れが取り除きやすい下の前歯に比べて、上の前歯を丁寧に磨くと良いでしょう。

②ガーゼで口内ケアをする場合

生まれてから約6~8か月の時期は、ガーゼを使用して歯の表層を拭き取りましょう。
歯が揃っていない赤ちゃんの内から直ぐに歯ブラシを使ってブラッシングが嫌いになってしまうケースがある為、口内に触られることを最初は慣れさせましょう。
歯が生え始めたばかりは歯茎に違和感を感じやすい為、ガーゼを使用して拭き取ると赤ちゃんもスッキリします。

やり方としては、親御さんの人差し指にガーゼを巻き、歯の表層を軽く擦る方法です。
歯を擦る際に歯茎も併せて全体的に拭き取ると良いでしょう。

ブラッシングは楽しいものと赤ちゃんの時から思ってもらえるように、時間を長くせずに軽く終わらせるのがコツです。
他のポイントとしては、抱っこしながら赤ちゃんに優しく声をかけながら明るい雰囲気でブラッシングしましょう。

この際に、赤ちゃんの口内環境をチェックして、歯の生え方なども確認しましょう。
ガーゼで拭き取ることが出来ない時には、食事の後に湯冷ましやお茶などを飲ませることで、口内を清潔に保ちましょう。

2種類のうがいを覚えさせよう

口に含めるうがいと上を向くうがい

口に含めるうがいと上を向くうがいでは、やり方以外にも目的が違います。

口に含めるうがいは口内の細菌や食べカスなどを洗浄する為に実施します。
そして、上を向くうがいは喉の粘膜に付着したウイルスなどが、肺に侵入しないように予防するためのうがいです。

つまり、風邪やインフルエンザなどに適しているうがいは、上を向くうがいです。
ただし、口内を清潔にすることで効果を発揮するので、上を向くうがいをする前には口に含めるうがいをしましょう。

上を向くうがいは、のどの奥に水を含める方法なので、口に含めるうがいより難しいはずです。
口に含めるうがいを一番に覚えて、上手に出来るようになったら上を向くうがいの練習に移るという手順を踏むことを推奨しています。
上を向くうがいは5歳くらいには覚えれるといいでしょう。

お子さまによっては、口に含めるうがいよりも上を向くうがいのほうが簡単に覚える子もいます。
お子さんの様子を常に観察しながら、どちらのうがいを一番に教えたほうが覚えやすいのか見極める必要があります。

口に含めるうがいについて

お子さまが水を上手に吐き出せるようになったら、口内に水を少しの間溜めてみましょう。
それが出来るようになったら、口に含めるうがいの練習です。

口内に水を含んで、ほっぺたを動かしながらブクブクと洗い流します。
お子さまの前でブクブクと話しかけながら、親御さんも同時に左と右の頬を交互に動かしてやり方を見せましょう。

上を向くうがいについて

口に含めるうがいを覚えたら、上を向くうがいの練習をスタートしましょう。

水を口内に入れて、その状態で上を向く練習から始めましょう。
これを覚えたら、上を向いたまま口を開けて息を吐き出す練習をしましょう。
息は軽く出せば大丈夫です。最初は息を出した際にゴロゴロと軽く音がすれば良いです。

ポイントを掴んだら、息を吐き出す力を徐々に強くしましょう。
それにより、しっかりガラガラという音が出れば出来ています。

 

ブログカテゴリの最新記事