口臭の原因はストレス?口臭の原因を知ろう

口臭の原因はストレス?口臭の原因を知ろう

口臭にはどの様な原因があるのだろう?

①ストレスが関係している場合

日常生活でストレスを感じ続けると、唾液の分泌量が少なくなります。唾液には、口内の食べ残しや菌を取り除く効果があるため、唾液の分泌量が減少すると口臭が起きやすくなります。そして、食べ残しを洗い流せなくなる場合は、菌が増殖し虫歯や歯周病の可能性が上昇します。

虫歯や歯周病を引き起こすと、口臭が日頃から気になるようになりストレスが蓄積されるという悪い循環が生まれるケースがあります。

③トラウマが関係している場合

自分自身で口臭があると思い込むと、実際には口から臭いがしないにも関わらず臭いを感じるケースがあります。この先入観はトラウマが要因かもしれません。
トラウマが関係している口臭の場合は精神面に要因がある為、他の要因による口臭とは治療法が違います。

④体調や生活習慣が関係している場合

朝起きた時やお腹が空いている時、緊張した時にどんな人でも起こりうる口臭です。例えば、体調やストレス、生活習慣によって、口臭が起こるかどうかは差がでます。このような要因で発生する口臭は臭いが弱い傾向があり、周囲の方を不愉快にするケースは少ないです。

距離に換算すると、話し相手の顔から30cm以内に入った場合は口臭を感じます。日常会話程度の距離だと臭いが相手に届く時は多くないでしょう。

注意点として、体調や生活習慣が関係している口臭は本人も気づかないケースがあります。もし、自分の口臭が気になり始めると、より強く臭いに敏感になります。

⑤食事が関係している場合

ニンニクやネギなどの臭いが強い食材や、飲酒や喫煙といった嗜好品によって口臭が発生します。口に付着した臭いが呼吸と共に吐き出される為、洗口をすることで臭いが落ち着くでしょう。

日頃から飲酒が多いと、口臭の変化に気づけない場合もあるため、思い当たる生活習慣がある方は普段の口内ケアが大切です。

⑥病気が関係している場合

呼吸器系や消化器系の病気や糖尿病などが要因で口の臭いが発生するケースがあります。虫歯や歯周病の病気だけでは無く、プラークや歯石などの細菌がしっかり取り除かれないと口臭が発生します。

その他の要因として、唾液の分泌量が減ることによって菌が増殖したり、入れ歯を丁寧に洗浄出来ていない場合も口の臭いにつながります。

口臭を改善する方法について知ろう

①歯科医院でケアをしよう

歯科医院で定期的にケアをすることで、口内を美しく保つことが出来る。日頃のブラッシングだけでは、食べ残しやプラークを全部ケアすることは困難な為、クリーニングでプラークや歯石を除去することが重要です。

歯の着色やヤニ汚れを取り除くことが出来る為、外見の改善もできます。そして、同時にブラッシング指導を受けることができれば、日常のブラッシングの質も向上します。

②口臭対策を学ぼう

食べ物や飲み物、嗜好品が要因の口臭は、それぞれ解決方法が異なります。肉を食べた場合は、たんぱく質を分解する為に生のパイナップルなどを食べると良いでしょう。ニンニクを食べた場合は、牛乳やリンゴの皮が有効です。例えば、リンゴの皮に入っているポリフェノールには、防腐作用の働きがあります。タバコの匂いを取り除きたい場合は、ヤニに対して対策する必要があります。ヤニは水に溶けやすい性質がある為、喫煙後に洗口することが効果的です。

③丁寧なブラッシングを心掛けよう

丁寧なブラッシングを習慣化することで、口臭の要因となる食べ残しを取り除きやすくなります。歯ブラシの毛先は歯の表層にあてて、毛先が軽くたわむ程度の力加減で少しずつ動かすと良いでしょう。
歯並びが良いない箇所は、1本ずつ隅々までブラッシングすることを意識しましょう。特に歯間は、より隅々までブラッシングすることが重要です。

ブログカテゴリの最新記事