歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【後編】

歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【後編】

歯がしみる原因

前回は、歯がしみる原因を3つ紹介しました。
引き続き同じテーマを取り上げ、残る4つの原因を解説します。
ホワイトニングや歯の形態異常など、見当もつかなかった意外なことが原因となっているかもしれません。ぜひご覧ください。

4.歯周病

歯周病は、わが国で成人の約80%がかかると言われている病気です。歯槽骨が蝕まれ、徐々に歯茎が痩せていきます。その結果、歯根が露出して外的刺激に反応するようになるのです。
対処と治療
歯周病は自覚症状が出にくいため、気付いたころには進行しているケースが大半です。
治療は長期になることを覚悟しつつ、医師から指示されたことを前向きに取り組みましょう。適切なブラッシングと併せて、歯科医院で定期検診を受けるのがおすすめです。専用器具を用いたクリーニングによって、自宅のブラッシングでは除去しきれない歯石などの汚れを取り除くことが可能です。
ただ一度痩せた歯肉は、歯周病がよくなっても元に戻りません。歯科医院で、専用の薬剤を塗布してもらう必要があります。

 

5.歯根破折

歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖や、転倒したときの外傷などによって歯の一部が破折するケースがあります。そのような場合も、しみやすくなるでしょう。
対処と治療
一部が破折している場合は、金属やレジンを用いて欠損部分を覆います。ただ亀裂の入り方に問題があったり、真っ二つに折れたりしている場合はこの処置が取れません。最悪の場合、抜歯や抜髄(歯の神経を取り除くこと)で対応することになるでしょう。

 

6.中心結節の破折

小臼歯(前から数えて4番目、5番目の歯)に起こりやすいのが、中心結節の破折です。
中心結節は歯の神経から続いた突起のことで、徐々に擦り減ってなくなるケースがほとんどです。しかし小学生~中学生ごろに、稀に破折が起こります。症状は様々ですが、軽度であれば歯がしみるでしょう。
対処と治療
破折した部分に関係なく、抜髄の処置を行うケースが大半です。自宅では対処できないので、早急に歯科医院を受診しましょう。

 

7.ホワイトニングの副作用

ホワイトニングの副作用として、起こることもあります。事前に医師から説明を受けている方も多いはずです。
対処と治療
そもそもホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で患者さまご自身が行う「ホームホワイトニング」とがあります。いずれにせよ、しみるようになった場合は一時中断して様子を見ることになるでしょう。
一時的な症状であることが多いため、しみなくなった段階でホワイトニングを再開できます。時間をおいても改善しない場合は、歯科医院で専用の薬剤を塗布してもらいましょう。

 

まず自宅で行ってほしいこと

歯がしみるようになったときは、ご自身でまず次の2つに取り組んでみてください。
いずれも今日からできることなので、すぐに始めてみることが大切です。

1. ブラッシングの方法を見直す

誤ったブラッシングは、歯の表面を削る原因になってしまいます。毛先が柔らかいもしくは普通の硬さの歯ブラシを用いて、表面をなでるようなイメージでやさしく磨きましょう。力を入れすぎないよう注意してください。

 

2. 歯へ刺激を与えないような生活をする

何かに集中したり緊張したりすると、無意識に歯を食いしばってしまいます。スマホを操作しているときや読書をしているときなどに、上下の歯を強く噛み合わせていないかチェックしてください。舌先を上の前歯の裏へつけ、上下の歯を少しだけ離すと頬の緊張が緩和されるはずです。

 

改善されないときは歯科医院を受診しましょう!

歯がしみる原因や程度は、人によって大きく異なります。
まずは鏡でむし歯の有無をチェックし、異常がないときは知覚過敏を疑ってください。
そして自分で対処できない場合は、早めに歯科医院を受診しましょう。
自分では気付けなかった、大きな病気などが見つかるかもしれません。いつからしみるのか、どの歯に症状があるのかといったことを、細かく医師に伝えることが大切です。

ブログカテゴリの最新記事