冷たいものが染みる…知覚過敏ってなに?【前編】

冷たいものが染みる…知覚過敏ってなに?【前編】

冷たい飲食物を口にすると歯が一瞬染みることはありませんか?

これはむし歯ではなく、温度刺激を敏感に感じ取る「知覚過敏」によるものかもしれません。
痛みがあるからといって歯科医院を受診しても、異常がないとの診断でそのまま帰されるケースがあります。
そこで今回は、知覚過敏の症状について詳しく解説します。

ズキズキがずっと続いて痛みが治まらないのはなぜ?

冒頭で話した通り、知覚過敏は冷たいものを食べたときに短時間染みるのが主な症状です。
しかし、むし歯のある様子がないにも関わらず、ずっと痛みが続くことがあります。
これは、重度の知覚過敏になっているかもしれません。目には見えない亀裂がいくつも入っており、それが原因で歯が染みるのです。
またむし歯の治療で銀歯を入れたあと、最初に染みていた部分が徐々に痛むという症例もあります。これはむし歯菌がもともと歯髄の近くまで達していたのを見落とし、通常の治療をしてしまった可能性が挙げられます。痛みが続く、あるいは強くなるようであれば、根管治療が必要になるでしょう。
ズキズキとした痛みが長時間続く場合、安易に知覚過敏だと考えるのは危険です。自己判断で経過観察をするのではなく、早めに歯科医院を受診して適切な診断と治療を受けましょう。

知覚過敏について

「象牙質知覚過敏症」と呼ばれることもあり、様々な刺激に敏感になった状態のことです。中でも温度刺激を受けやすいでしょう。
むし歯がなく治療済みの歯にも異常が見られない場合は、知覚過敏だと診断されるケースが多い傾向にあります。

症状について

一番は「冷たいものを口にすると染みる」といった症状ですが、ほかにも色々な外的刺激が挙げられます。
該当する項目がないか、次の内容をチェックしてみてください。
次のような場面で染みることはありませんか?
・冷たい水や空気が触れたとき
・歯ブラシを当てたとき
・甘いものを食べたとき
・味が濃いものを食べたとき
・すっぱいものを食べたとき
・温かいものを口にしたとき

ほかの病気との症状の違い

知覚過敏

知覚過敏は、刺激を受けたときのみ痛むのが一般的です。キーンとなることもあれば、ズキンとした感じを受けることもあるでしょう。痛みの程度もさまざまです。
しかし大半のケースでは、症状は一時的なものであり短時間で治まります。軽度の症状であれば、知らないうちに治っていることもあるでしょう。ですが中には、徐々に症状が悪化するケースもあります。
例えば、初めは冷たいものだけに痛みが出ていたけれど、温かいものや甘いものにまで症状が出るようになったというものです。

むし歯

初期段階のむし歯では、冷たいものや甘いものが歯に染みます。その後症状が進行するにつれて、温かいものも染みるようになるでしょう。
さらに進行すると、痛みが長時間続くようになります。最終的には耐えがたいほどの痛みが生じ、眠れない状態にまで追い込まれます。

 

何の病気であるかに関わらず、歯に普段と違う痛みや違和感が生じたときは歯科医院を受診するのがベストです。
早期診断・治療で、症状を最小限に留めましょう。

次回も引き続き、同じテーマでお話しします。

ブログカテゴリの最新記事