冷たいものが染みる…知覚過敏ってなに?【後編】

冷たいものが染みる…知覚過敏ってなに?【後編】

原因や適切な対処法

前回は、症状について詳しく紹介しました。意外とたくさんの人が、自分に該当しそうだと感じたかもしれませんね。
今回も引き続き同じテーマで、原因や適切な対処法などをお伝えします。
前回の記事を読んで「症状に心当たりがある」「家族や友人がそうかもしれない」と感じた方は、本記事をぜひご覧ください。そして家族や友人に知覚過敏の疑いがある場合は、今回の内容をシェアしてあげてくださいね。

知覚過敏の原因

歯の外側には「エナメル質」という硬い層があり、外的刺激から守る役割を果たしています。健康な状態のときは、基本的に痛みを感じないはずです。
ちなみにむし歯で削った場合も、エナメル質のみであれば痛みが出ることはまずありません。
ではむし歯でないにも関わらず、染みるのは一体なぜでしょうか。

大半は「ある症状」が原因!

むし歯が進行すると、最終的に歯髄が蝕まれます。この部分はすべての刺激を痛みとして認識するため、極端に冷たい飲食物を口にすると、温度が伝わって痛んだり染みたりします。
一方で知覚過敏は、エナメル質の内部にある象牙質が露出することで起こる症状です。
「象牙質が露わになる」という点だけ見ればむし歯と同じ理由ですが、知覚過敏はむし歯菌が放出する酸によって歯を壊されるわけではありません。
少々ややこしいですが、両者は痛みの起こるメカニズムが異なるということを知っておきましょう。

ほかに考えられる原因

歯肉退縮

歯茎が後退することを「歯肉退縮」といい、これは主に歯周病や強いブラッシング、加齢などが原因で起こります。
歯茎が徐々に下がって、本来は覆われている歯根が出てきます。歯根の表面にはエナメル質がないため、少しでも歯茎が後退するとちょっとしたことで痛みが出るようになるのです。

亀裂や破折

歯をどこかにぶつけた衝撃や、噛み合わせたとき上下の歯に負荷がかかることで、亀裂が入ったり破折したりします。その結果、刺激が内部へ伝わりやすくなるでしょう。

咬耗

歯を長年使っているうちに、擦り減っていくことを「咬耗(こうもう)」といいます。これが原因で、痛みが生じるケースも少なくないでしょう。

悪習癖

歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖があると、徐々に歯へ亀裂が入ったり擦り減ったりします。

また、歯へ強い負荷がかかることで「くさび状欠損」といって根元が欠けてしまう場合があります。そこに刺激が加わると、痛みがはしるようになるでしょう。

歯牙酸蝕症

酸性の飲食物を頻繁に口にしたことが原因で、歯が溶ける病気のことです。皆さんは炭酸飲料や清涼飲料水、柑橘類や酢などを、長時間あるいは頻繁に口にすることはありませんか?
「ある」と回答した方は要注意です。
知らないうちに歯が溶けて、象牙質が露わになっている可能性があります。
子どものころに「ジュースばかり飲んでいると歯が溶けるよ!」と親から言われた経験がある方は、このことが関係していたのかもしれませんね。

むし歯治療

象牙質に到達したむし歯を削る場合、どうしても歯髄へ刺激が加わりやすくなります。治療直後は特に歯髄付近が過敏になるため、冷たい飲食物が染みやすくなるでしょう。

ホワイトニング

薬剤の刺激によって、施術中や施術後に一時的な痛みが出る可能性があります。

知覚過敏は、放っておいても治るって本当?

過去に冷たい飲食物で歯が染みていても、気付いたときには症状が治まっていることがあります。つまり知覚過敏は、自然治癒する可能性があるということです。
しかし放っておいて必ず治るということはなく、つらい症状が長期間続くケースも少なくありません。どうにかして、症状を抑えたいと思うのが自然な感情ではないでしょうか。
歯科医院では、専用のコーティング剤や塗り薬を用意しています。
残念ながら今のところ市販薬はないのですが、知覚過敏向けの歯磨き粉は存在します。例えば「シュミテクト」には、歯髄の興奮を抑える成分が入っており、使用を続けていると症状の緩和が期待できます。
もちろん効果の感じ方には個人差がありますが、よければチェックしてみてください。少しでも症状が和らげば、日々の生活がラクになるはずです。

適切な対処法

染み止めの薬を塗布する

象牙質が露わになった部分が染みないよう、歯科医院で歯の表面に専用の薬剤を塗布します。効き目には個人差がありますが、症状が緩和されるはずです。

フッ素で再石灰化を図る

こちらも同じく、歯科医院で行うものです。フッ素を塗布して歯の再石灰化を図り、象牙質が露わになった部分が染みないようにします。

歯磨き粉を工夫する

ドラッグストアやネットで販売されている、知覚過敏向けの歯磨き粉を使用してブラッシングします。歯髄の興奮を抑える成分が配合されているため、使い続けることで症状の緩和が期待できます。

歯科用プラスチック(レジン)で保護する

食いしばりの悪習癖が見られる場合は、歯の根元が欠けて染みている可能性があります。その部分へ詰め物をすることで、歯が保護されて痛みを防げるでしょう。

マウスピースをつける

歯ぎしりの悪習癖が見られる場合、歯へ大きなダメージがかかっている可能性があります。就寝時に専用のマウスピースをつけることで、それを予防できるでしょう。

抜髄をする

重度の症状で日常生活に支障をきたしている場合、抜髄が必要になるかもしれません。抜髄の必要性については、かかりつけ医に口腔状態を診てもらった上で判断してもらいましょう。
冷たい飲食物を口にして歯が染みる場合、知覚過敏やむし歯が疑われます。前者は経過観察で症状がよくなる可能性もありますが、すぐに治るとは断言できません。
少しでも異常を感じたときは、早めに受診してください。早急に原因を突き止め、適切な治療を受けることが大切です。
「どこで診てもらえばいいかわからない」という場合は、クララスデンタル長久手へご相談ください。

愛知県長久手市に位置しており、一般歯科のほか小児歯科・矯正歯科・口腔外科と幅広い診療科目を取り扱っています。
常に「早く」「綺麗な」治療を追求し、使用する器具や材料にこだわっている点が特徴です。他院では原因不明のまま終わった場合でも、当院であれば適切な診断と治療を提案可能です。

豊富な経験と実績を持つ医師が、患者さまの口の中を拝見した上で最適な治療計画を立案いたします。
電話だけでなくWEB予約も承っていますので、気軽にご予約ください。すべてのお支払にクレジットカードが使用可能で、デンタルローンもご用意しております。

お知らせカテゴリの最新記事