口の中が乾く!舌が痛い!「ドライマウス」に悩んでいませんか?

口の中が乾く!舌が痛い!「ドライマウス」に悩んでいませんか?

このような症状はありませんか?

下記のいずれかに該当する場合、口腔乾燥症(ドライマウス)である可能性があります。
・水を頻繁に飲む
・乾燥した食品が食べにくい
・口の中がネバついている感じがする
・舌がひりひりとする
・自分自身の口臭が気になる
・会話がしにくい
・食べ物の味がわかりにくい
・入れ歯がよくこすれる

唾液の分泌量が減るのは危険なサイン!

唾液の分泌量が減少し、口腔内が乾いた状態になることを「口腔乾燥症(ドライマウス)」といいます。
ほかに舌の痛みや味覚異常、口腔内のネバつきや口臭といった様々な症状を伴います。
日本国内に約3,000万人の患者がいると推計されており、大半は中高年の女性です。しかし近年は、若い人にも多く見られるようです。
唾液は「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」という三大唾液腺から主に分泌されます。個人差はあれど、成人で1日に1.5リットル程度産生されるというのですから驚きですよね。
唾液には自浄作用や抗菌作用のほか、消化吸収のサポートや粘膜の保護、味覚を鋭くするといった様々な役割があります。そのため何らかの理由で分泌量が減少すると、冒頭で紹介したような症状が発現するのです。

またむし歯や歯周病といった口腔トラブル、口腔内の細菌が肺へ侵入して起こる誤嚥性肺炎などのリスクも高まります。カンジダ菌が増殖し、口腔カンジダ症になる可能性もあるでしょう。
唾液は、我々の生活にとって非常に重要な存在なのです。

口腔乾燥症の主な原因

1.脱水状態

【糖尿病】尿が多く排出されるため脱水症状を起こしやすく、口腔内が乾きがちになります。
【腎不全】人工透析が必要な状態になると、体内の余分な水分が取り除かれて口腔乾燥症になる場合があります。
【薬剤や治療の副作用】利尿薬などの副作用で、尿が多く排出されて口腔内が乾燥しやすくなります。
【口呼吸】口呼吸の習慣があると、唾液が蒸発して口腔内が乾燥しやすくなります。特に就寝中は、無意識のうちに口呼吸になりやすいため要注意です。

2.唾液量の減少

【唾液腺に関する病気】唾液腺に腫瘍や炎症が生じたり、唾液腺の細胞が老化したりすると分泌量が低下します。
【中枢や末梢の神経障害】脳出血や脳梗塞といった脳血管障害により、口周りの筋肉が麻痺すると分泌量が低下することがあります。
【精神的ストレス】分泌量は自律神経によってコントロールされており、ストレスや緊張を感じると交感神経優位で分泌量が抑えられます。一方でリラックスしているときは、副交感神経の作用で分泌が促進されるでしょう。慢性的なストレスには注意が必要です。
【喫煙】タバコの煙に含まれている、ニコチンやタールといった有害物質が血行を悪くします。その結果、唾液の分泌量も低下するでしょう。
【薬剤の副作用】高血圧などの治療に使われるカルシウム拮抗薬や抗ヒスタミン薬、鎮痛薬や抗うつ薬などを服用している場合、副作用で分泌量が低下することがあります。
【シェーグレン症候群】免疫システムの異常で、自分自身を異物とみなして攻撃する自己免疫疾患の一つです。涙腺や唾液腺の組織が破壊され、涙や唾液の分泌量が低下して乾燥しやすくなります。
【更年期障害】更年期を迎えると女性ホルモンの分泌が急激に低下し、それに伴い唾液量も少なくなります。更年期は自律神経のバランスが乱れやすく、唾液腺が性ホルモンの影響を受けやすいためです。
【口周りの筋力低下】柔らかいものばかり食べていると、口周りの筋力が徐々に衰えて分泌量が低下します。また加齢も、筋力を低下させる大きな理由です。

原因を取り除き、唾液の分泌を促しましょう!

口腔乾燥症は、原因によって適切な治療法が異なります。症状に心当たりがある場合は、原因を突き止めるためにまず歯科医院を受診しましょう。
必要に応じてほかの診療科目の医師と連携を図りながら、適切なタイミングで治療を行います。
例えば薬の副作用が原因で口の中が乾燥している場合、薬の種類を変えたり量を変更したりしなければなりません。糖尿病がある場合は、その治療を進めることで口腔乾燥症の症状も緩和される可能性があります。
口腔乾燥症を和らげるための対症療法として、唾液と類似した成分の液体人工唾液、口腔内に塗布する保湿ジェル、保湿効果が見込める洗口液などの使用が挙げられます。

また食事の際にしっかりと噛むことや唾液腺マッサージ、声を出しながら口をよく動かして唾液の分泌を促すことも有効な方法です。
不正歯列や不正咬合、入れ歯が原因でうまく噛めない場合はかかりつけ医に相談しましょう。歯列矯正やほかの補綴治療を行うことで、改善が見込めるかもしれません。

ブログカテゴリの最新記事