歯はカルシウムを摂ると強くなりますか?

歯はカルシウムを摂ると強くなりますか?

歯はカルシウムを摂ると強くなりますか?

歯を強くするために、カルシウムがよいという話は有名だと思います。それは決して誤った情報ではなく、歯の原料となる大切な栄養です。
ただ、それだけで歯を強くすることは困難です。また同じ栄養素でも、年齢や身体の状態によって歯に与える効果が変わることを理解しておきましょう。
つまりカルシウムの摂取が、必ずしも歯を強くするとは限らないということです。両者の関係性を十分に理解し、効果を最大限発揮させてください。
本記事では妊婦や子ども、そして成人といった分類ごとに、カルシウムがもたらす効果や歯を強くするためのポイントを詳しく紹介します。
仕組みを理解することが、自分だけでなく家族の健康を守ることにもつながるでしょう。今後の参考にしてもらえれば幸いです。

 

歯にどのような影響がある?

「子どもや妊婦」と「成人」とで、期待できる効果が異なります。それぞれ理解し、効率的に摂取しましょう。
子どもや妊婦に期待できる効果
カルシウムが歯に最も大きな影響を与えるのは「歯胚」と呼ばれる「乳歯や永久歯の芽」ができてから歯茎の内部で歯が完成するまでの期間です。
子どもの乳歯が生えてくるのは一般的に生後半年頃ですが、その歯胚は妊娠7週頃から、そして永久歯の歯胚は14週頃からでき始めています。
その後、妊娠4~6ヶ月の間に、カルシウムの成分が乳歯に沈着し始めて硬く育ちます。これを「石灰化」と呼び、永久歯は生まれてから3歳頃までに石灰化が起こると考えておくとよいでしょう。
つまり歯を強くするには、歯をいかに石灰化させるかということが大切なポイントになります。「妊婦さんと子ども」が一括りにされて語られているのは、そのためなのです。生まれてからだけでなく、妊娠中のママの食事にも十分な配慮をしましょう。カルシウムを多く含む食事を摂ることが、歯の強化につながります。

 

成人に期待できる効果

成人を迎える頃にはお口周りの成長が終わっているため、これまでほどの効果は期待できません。しかし歯の再石灰化をサポートするのが、リンやカルシウムであると言われています。
再石灰化とは、一体どのような働きなのでしょうか。
通常、食事をするとむし歯菌の影響で口腔内が酸性に傾きます。歯の表面からカルシウムやリンが溶出し、数十分経過すると唾液の作用によって中和されるでしょう。最終的に溶出した物質が元通りに修復されますが、その働きを「再石灰化」と呼びます。

再石灰化が滞るとむし歯リスクがグッと高まるので、これら2つの栄養素は欠かせません。
「もう成長が終わっているから」と他人事に思わず、積極的に摂取しましょう。
「どんな食材に含まれているの?」
と思った方はチーズや牛乳などの乳製品、大豆、桜えびや小魚を積極的に食べてくださいね。

 

ほかに摂るべき栄養はある?

歯を強くするために必要なのは、カルシウムだけではありません。次に紹介する栄養素も、バランスよく摂取しましょう。

 

【リン】

先述した通り、歯を作るだけではなく再石灰化にも欠かせない成分です。
タンパク質を豊富に含む食品やインスタント食品から摂取できるので、基本的に不足することはありません。意識的に摂りたい場合は、牛乳や豚肉、卵や乳製品がおすすめです。

 

【ビタミンD・マグネシウム】

主にカルシウムの吸収率を高める栄養素です。
前者は鮭や秋刀魚、鰯や干し椎茸などに多く含まれています。後者は魚介類や海藻類、玄米や納豆から摂取しましょう。

 

【タンパク質】

歯の土台を作り、カルシウムの吸収率をアップさせる栄養素です。乳製品や卵、肉や魚を積極的に食べましょう。

 

【ビタミンA】

エナメル質の強化に一役買ってくれます。
レバーがおすすめですが、風味が苦手な人はニンジンやカボチャ、卵から摂取してください。

 

【ビタミンC】

歯の象牙質を作って、強くするために必要です。
小松菜やブロッコリーなどに含まれていますが、水溶性なので、生で食べられるフルーツなどから摂取するのがおすすめです。イチゴやオレンジなどを食べましょう。レモンを絞って料理に使うのもおすすめです(生食の方がよいので、できれば仕上げに絞りましょう)。

 

 

まとめ

カルシウムは、強い歯を作るために必要不可欠な栄養素です。成人後も再石灰化をサポートする役割を果たすので、ぜひ摂取してください。
妊婦さんも妊娠初期から積極的に摂ることで、これから生まれるお子さまの歯の健康を助けます。ほかにもおすすめの栄養素は複数あるので、本記事を参考にしながらバランスのよい食事を心がけましょう。
クララスデンタルでは、歯科治療だけでなく予防歯科にも注力しています。本記事をご覧になっている方はもちろん、ご家族の歯で困っていることがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。歯科医師や歯科衛生士がお悩みを真摯に受け止め、患者さまにとって最適なご提案をいたします。

ブログカテゴリの最新記事