歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【前編】

歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【前編】

歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【前編】

キンキンに冷えたビールやアイスを食べたときに、歯が染みる方はいらっしゃいませんか?
中には、鍋やスープといった熱いものに染みる方もいるかもしれません。
突然このような症状が出ると、とても不安になりますよね。染みないように気を付けるがあまり、食事に集中できないこともあると思います。
原因を突き止め、正しい方法で対処しましょう。
本記事では歯が染みるようになる原因及び対処法を説明します。通院いらずで改善できる可能性もあるので、参考になることがあればぜひ取り入れてください。

 

歯が染みてお困りの方へ

健康な歯が、冷たいものや熱いもの、外部からの刺激で痛くなることは原則としてありません。これは歯の表面が、エナメル質と呼ばれる硬い膜で保護されているためです。
では、歯が染みるのは一体どうしてでしょうか?
それはズバリ「口腔内でトラブルが起こっているから」です!
その内容や程度はさまざまで、場合によっては自宅で対処できるものもあります。
どちらにせよ、すぐ対処するに越したことはありません。早めに歯科医院を受診し、原因を突き止めましょう。ケースによっては、歯を削ったり通院したりしなくても治る可能性があります。
日常生活で問題が生じる前に、適切な治療を受けてくださいね。

 

歯が染みる原因

歯が染みる原因として挙げられるのは、次の7点です。
今回は、そのうち3項目の症状および、対処法や治療法を詳しく説明します。

 

1.むし歯

「むし歯=痛くなる」という印象をお持ちの方が多いと思います。
確かに、進行したむし歯が痛むのは事実です。ですが超初期段階のむし歯、いわゆる「C0(歯の表面に穴がない状態)」や「C1(エナメル質にのみ穴が空いた状態)」のときに強く痛むことはまずありません。このような段階では染みるケースが大半です。
特に、冷たいものを摂ると染みやすい傾向にあります。

対処と治療
むし歯レベルがC0の場合は、正しいブラッシングと食生活の改善、殺菌によって改善が見込めます。ただC1以降になると、歯科医院での治療が必要です。
削ったり詰め物をしたりしなければならず、通院費用や手間がかかります。

 

2.知覚過敏(象牙質知覚過敏)

神経が、何らかの刺激に反応して起こる症状です。
「むし歯ではないけれど歯が染みる」という場合、これに該当するかもしれません。
主な原因は、本来は歯肉で覆われているはずの歯根周りが露出することです。歯ブラシを強く当てすぎてエナメル質が剥がれることもあれば、加齢で歯肉が退縮して剝き出しになることもあります。ほかにも歯ぎしりや食いしばりなどの悪習慣で歯が脆くなったり、歯磨き粉の研磨材が歯を傷付けたりすることなどが挙げられます。

対処と治療
正しいブラッシングを毎日行い、歯周病の予防に励んでください。
強くこすらず、歯ブラシで歯の表面をやさしくなでるように磨くのがポイントです。磨きにくい部分には、歯間ブラシやデンタルフロスを活用しましょう。歯垢を残さないように意識して磨くことが大切です。
なおデンタルフロスは、歯周病予防にも一役買ってくれます。定期的な歯科健診を受け、清潔な口腔状態をキープしてください。

 

3.くさび状欠損

歯茎から歯が萌出している部分、つまり歯冠の、歯茎に近い部分が大きくくぼんだ状態を「くさび状欠損」と呼びます。表面に限らず、歯の周囲360度でどこにでも生じうるので注意してください。
これまでくさび状欠損は、ブラッシングのしすぎが原因だといわれていました。しかし近年は、歯ぎしりなどの悪習癖が関係しているという見方も広まっています。
歯ぎしりで力が特定の部分へ集中した結果、徐々に歯が砕けて歯茎の周りだけくぼむというわけです。刺激が歯の神経に到達しやすくなり、歯が染みるようになるでしょう。

対処と治療

残念ながら、自宅で行なえる対処法はありません。
神経に、外部刺激を届きにくくするための治療が必要です。具体的には、歯科用プラスチック(コンポジットレジン)で欠損した箇所を補い、刺激から神経を遠ざけます。
鏡で口の中を確認し、くぼみがある場合は早めに歯科医院を受診しましょう。

 

以上、歯が染みる原因を3つ紹介しました。
当てはまっている症状はありましたか?
中には自宅で対処できない症状もあるので、気になる方は早めにかかりつけ医へ相談しましょう。
次回は、残りの4つの項目について詳しく説明します。

ブログカテゴリの最新記事