歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【後編】

歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【後編】

歯がしみる原因7つとその対処法・治療法【後編】

歯が染みる7つの原因のうち、前回は3つの項目について詳しく紹介しました。
今回は、残りの4項目についてお話しします。
意外な理由が関係していることもあるので、自分にも起こり得ることとしてぜひ読み進めてくださいね。

 

4.歯周病

実は日本で、成人の約8割が罹患するとされている病気です。加齢に伴い罹患リスクが上昇するので、若い方には馴染みがないかもしれません。
歯槽骨が溶かされ、少しずつ歯茎が後退します。歯根が剥き出しになって、外的刺激に反応しやすくなるでしょう。

対処と治療
自覚症状が出にくく、気付いたときには進行している場合が多いです。
長期の治療になることを覚悟しつつ、医師の指示に従って前向きに通院しましょう。自宅での正しい口腔ケアと並行して、定期的な歯科健診を受けるのがおすすめです。
超音波を用いた専用器具でクリーニングを受けられ、日々のブラッシングでは取りきれない歯石などを取り除くことが可能です。
ただし一度退縮した歯肉は、歯周病が治っても元通りになりません。歯科医院で薬剤を塗ってもらいましょう。

 

5.歯根破折

食いしばりや歯ぎしりなどの悪習癖、転倒時の外傷などが原因で歯の一部が折れることがあります。場合によっては、歯が染みやすくなるでしょう。
対処と治療
破折したのが一部分のみであれば、レジンや金属で欠損部分を補います。ただし、真っ二つに折れていたり、亀裂の入り方に問題があったりする場合はほかの方法で対処しなければなりません。神経を除去する抜髄や、抜歯が必要になるでしょう。

 

6.中心結節の破折

歯の神経から続いた突起のことを「中心結節」といいます。破折は、小臼歯(前歯から4番目、5番目の歯)で特に起こりやすいでしょう。
中心結節は時間の経過とともにすり減って消失することが多いですが、小中学生のうちはまだ残っています。そのころに破折するケースもあるので、注意が必要です。
症状はまちまちですが、軽度の場合は染みやすい傾向にあります。

対処と治療
破折した場所に関わらず、抜髄が必要となるケースがほとんどです。自分自身では対処できないので、かかりつけ医に相談してください。

 

7.ホワイトニングの副作用

医師から事前に説明を受けるはずですが、ホワイトニングの副作用として歯が染みるようになることがあります。

対処と治療
ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」とがあり、大きな違いは歯科医院で受けるか自宅で行なうかという点です。
どちらの方法であっても、染みるようになったら一旦中断して経過観察を行なうことになるでしょう。
しばらくすれば染みなくなるケースが大半で、症状がなくなった時点で施術を再開できます。いつまで経っても染みる場合は、かかりつけ医に相談してください。専用の薬剤を塗布してもらえるはずです。

自宅でできる基本の対処法

歯が染みるようになったら、次に紹介する2つの対処法を試してみてください。今日から自宅で実践できるので、早めにスタートすることがポイントです。

1. 口腔ケアの方法を見直す
ブラッシングの際に、強い力で歯ブラシをゴシゴシとこすっていませんか?誤ったブラッシングをしていると、知らないうちに歯の表面を削る可能性があります。毛先の硬さが柔らかめ~普通の歯ブラシを使い、表面をやさしくなでる感じで磨いてください。力を入れて磨くのは厳禁です!

2. 日頃から、歯に刺激を与えない生活を心がける
一つの物事に集中したり、緊張したりすると無意識下で歯を食いしばりやすくなります。仕事中やスマホの操作中などに、うっかり上下の歯を噛み合わせていないか意識してみましょう。上下の歯をわずかに離し、舌先を上の前歯の裏に置けば頬の緊張が和らぐはずです。

 

治らないときはかかりつけ医に相談を!

歯が染みるきっかけや程度には、大きな個人差があります。
まずは鏡の前でむし歯がないかどうか確認し、見当たらないときは知覚過敏を疑いましょう。
自分で対処できればベストですが、原因によっては改善されないこともあります。できるだけ早めに歯科医院を受診し、適切な治療を受けてください。
自分自身ではわからなかった、大きな病気が発覚する可能性もあります。いつからどの部分が染みているのか、具体的に医師へ伝えることが大切なポイントです。

 

ブログカテゴリの最新記事