原因不明の歯痛! 歯が悪くなくても痛みが起こる?

原因不明の歯痛! 歯が悪くなくても痛みが起こる?

原因不明の歯痛! 歯が悪くなくても痛みが起こる?

皆さんは、歯が痛くなったらどのような病気を疑いますか?
きっと多くの方が「むし歯」と回答するはずです。
確かにむし歯は痛みを伴う病気ですが、それ以外にも痛みが出る理由は挙げられます。
本記事では歯痛が起こる原因を詳しく紹介します。何かあった際に焦らず対応できるよう、ぜひ読んでおいてくださいね。

 

歯痛が起こる原因【口腔トラブル編】

まずは、歯痛を引き起こす口腔トラブルの種類を3つ紹介します。

 

1. むし歯

冒頭でも登場した通り、最も多い原因です。口の中の細菌が、磨き残しなどの食べかすをエサにして繁殖し続け、歯を少しずつ蝕みます。細菌が神経に到達すると、耐えがたい痛みに四六時中襲われるようになります。市販の痛み止めを服用しても、症状が治まらないこともあるでしょう。

 

2. 知覚過敏

歯の表面を覆っているエナメル質に、外的刺激が加わると剥げてしまいます。その状態で冷たいものや熱いものを摂取すると、瞬間的にピリッとした痛みがはしるでしょう。

 

3. 歯の破折

外部からの衝撃などによって、歯が折れてしまう症状です。神経が反応し、ケガとしての痛みが生じます。

このような口腔トラブルは、原則として歯科医院での治療が必要です。超初期段階のむし歯は自然治癒する可能性もありますが、痛みが出ている時点で何らかの歯科治療は必要になります。
一部の知覚過敏を除き、これらの症状は放っておいても自然治癒することがありません。痛いと感じた時点で、歯科医院を受診しましょう。

 

歯痛が起こる原因【非定型歯痛編】

歯髄や歯茎などにも問題がなく、歯以外の部分に痛みの原因があるものを「非定型歯痛」あるいは「非歯原性歯痛」と呼びます。
考えられる原因は、次の6点です。

 

1.顎などの筋肉の問題

歯ぎしりや食いしばりなどの悪習癖が、歯を通じて顎付近の筋肉に慢性的な負担をかけることがあります。筋肉はやがて疲弊し、痛みが生じるようになるでしょう。位置の関係で、歯が痛いと勘違いしやすいため注意が必要です。
顎の付近を揉んだり、口の周りをストレッチしたりすることで改善が見込めることもあります。顔の下半分の筋肉をどんどん動かして、血流をよくしましょう。
悪習癖に関しては、無意識のうちに行なわれることが多いので自力で改善するのが困難です。歯科医院に相談し、専用のマウスピースを作製してもらうとよいでしょう。指示通りにきちんと装着すれば、歯や顎への負担が軽減するはずです。

 

2.頭痛によるもの

何時間か痛みが続いたと思ったら、突然消失するのが特徴です。「神経血管性歯痛」といって、神経や血管への負担が影響していると考えられます。
原因不明の頭痛が定期的に起こる方は、神経血管性歯痛が疑われるでしょう。

 

3.神経痛によるもの

顔面の神経に生じた障害がきっかけで、歯が痛むというケースです。
「持続性神経痛」と「発作性神経痛」の2種類があり、後者はペインクリニックなどでの治療が必要となります。
口腔内に異常がないと診断された場合は、ペインクリニックを一度受診してみてください。

 

4.副鼻腔炎によるもの

副鼻腔炎は鼻の病気ですが、鼻の近くには上顎洞があります。炎症で上顎の奥が押され、痛みを感じる可能性があるでしょう。歯自体は痛くなくとも、まるで歯が痛いような感覚に陥ります。
長期間鼻詰まりを起こしている方や運動後に痛みが出やすい方、熱っぽい方は副鼻腔炎の可能性があります。お近くの耳鼻咽喉科を、一度受診してみましょう。

5.心疾患によるもの

心筋梗塞や狭心症など、心疾患の影響で歯が痛くなることもあります。このケースに該当する場合、歯科医院で麻酔を受けても痛みがなくなりません。
歯痛と同時に胸の圧迫感が生じている場合は、心疾患を疑って医療機関を早めに受診してください。

 

6.精神疾患

気分が落ち込んだときだけ、左右の歯がしばらく痛くなることはありませんか?うつ病や統合失調症などの精神的疾患も、歯痛が起こりうる原因です。
精神安定剤の副作用などで痛みが出ることもあるので、心当たりがある方は、処方を受けた医療機関に相談してみてください。

 

早めの受診をお願いします!

歯痛は口腔トラブルが関係しているケースが多いですが、必ずしもそうだとは断言できません。心疾患や精神疾患、副鼻腔炎などが原因で起こることもあるので、あらゆる理由を疑ってみることが大切です。
まずはかかりつけ医に相談し、口腔トラブルがないかチェックしてもらいましょう。それでも原因不明の場合は、非定型歯痛の可能性が高いです。

「歯科医院で原因がわからなかったから、とりあえず痛み止めを飲んで我慢しよう」というのは厳禁です!
手遅れになる前に医療機関を受診して、原因の発見および適切な治療を受けるようにしてください。
なお口腔トラブルについては、定期的な歯科健診を受けることで早期発見・治療が見込めます。3~4ヶ月に1回、仕事や家事が忙しい方も半年に1回程度はぜひ健診を受けてください。
自分自身の健康は、自分で守りましょう。

ブログカテゴリの最新記事