歯ブラシは種類で使い分け!自分のお口に合った歯ブラシを見つけよう

歯ブラシは種類で使い分け!自分のお口に合った歯ブラシを見つけよう

歯ブラシの種類と特徴

毎日の口腔ケアに欠かせない「歯ブラシ」には、複数の種類があることをご存知でしょうか?
自分自身の歯に合った歯ブラシを使うことで、口腔内の健康をキープしやすくなります。
種類や選び方について解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

毛の硬さ

歯ブラシの毛には、基本的に「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類の硬さがあります。
最もさっぱりとした磨き上がりを実現できるのは「かため」ですが、ゴシゴシこすると歯茎や歯の表面(エナメル質)を傷付ける恐れがあります。
歯茎から頻繁に出血する方や、知覚過敏の方などには「やわらかめ」がおすすめです。子どもや高齢者にもよいでしょう。
かために比べると汚れを除去する力は劣りますが、毛が隅々まで届きやすいという魅力があります。
そして、かためとやわらかめの中間が「ふつう」です。適度に汚れを落としてくれます。
口腔内の状態を考慮しつつ、迷った場合は「ふつう」や「やわらかめ」を選びましょう。

 

ヘッドの幅

ヘッドとは、歯ブラシの毛が植えられている部分のことです。
主に、ヘッドが小さく薄型である「コンパクトタイプ」と「大きめタイプ」の2種類があります。
歯並びが悪い部分や奥歯など、磨き残しが出やすい部分にも届きやすいのが前者です。コンパクトであるゆえ、磨くときに動かしやすいのも魅力の一つです。
顎が小さい女性や子どもに適しているでしょう。
一方で後者は、前歯などの面積が大きい部分の磨きやすさに特化しています。奥の方にはヘッドが入りにくいので、丁寧に磨かなければ汚れが残りやすくなるでしょう。

 

毛先の形

歯ブラシを横から見たときの、毛先の形状のことです。
まず歯間に隙間がある方や、不正歯列の方には「山型」が適しています。ギザギザの形状がフィットしやすく、キレイに磨けるはずです。ただ毛先が寝やすいので、清掃効果が低下するのが難点といえます。
また、歯列が整っている方には「フラット型」がおすすめです。断面が平らになっているため、広い面を使って効率的に歯を磨けるでしょう。歯と歯茎との境目についた汚れも、除去しやすいはずです。歯間が磨きにくいと感じた場合は、必要に応じて歯間ブラシやフロスを活用してくださいね。
ほかにも、製品によって毛の細さや高さなどが異なります。自分の歯列に合った製品を選び、効率よく歯を磨きましょう。

 

毛の種類

続いて紹介するのは、毛の種類です。
最も多いのが、毛先が丸くなっている「ラウンド毛」です。毛の太さは0.2mm程度で、歯の表面に毛先が接しやすいのが特徴です。汚れをしっかりと落としてくれるでしょう。
家の細さが0.2mm以下になると「極細毛」と呼ばれます。歯と歯茎の間や歯間に詰まった汚れも、細い毛が絡め取ってくれるでしょう。毛が柔らかくて低刺激なので、歯茎から出血しやすい方などにも適しています。
ただ山型の歯ブラシと同様、毛先が寝やすいという難点を抱えています。磨き残しが生じないよう、しっかりと磨くことが大切です。

 

口腔アイテムは複数使いがおすすめ!

主として使うもの

まずは、メインで使用する歯ブラシを決めましょう。
口のサイズによりますが、コンパクトタイプで磨きやすい製品を選ぶのがおすすめです。ヘッドの形は、普段の磨き方や好みに合った製品を選んでくださいね。
毛の硬さについては先述した通り、ふつうもしくはやわらかめを選ぶのがおすすめです。歯茎から出血しやすい方や、知覚過敏の方であればなおさらです。
かためは、口腔内を傷付ける可能性があるため気を付けましょう。

 

補助として使うもの

「ワンタフトブラシ」をご存知でしょうか?
毛束が1本のみの歯ブラシで、補助としての使用に適しています。歯間や奥歯の汚れを取り除く際に、きっと重宝するはずです。

 

歯間ブラシ

できれば併用してほしいのが「歯間ブラシ」です。
歯と歯茎の境目や、歯間などの汚れを取り除くときに活躍が期待できるアイテムです。ワンタフトブラシでも落とせなかった部分に、ぜひ使用してください。
ただし、合わない大きさの製品を使うと歯茎を傷める恐れがあります。どのサイズを選ぶべきか迷ったときは、かかりつけ医に相談することをおすすめします。

 

まとめ

毎日ブラッシングをしていても、使用アイテムの選択や磨き方に問題があると口腔トラブルを引き起こします。
現在使用している歯ブラシは、あなたの口の中に合っていますか?
「どれだけ磨いても汚れが残っている気がする」
「歯の重なった部分が磨きにくくて困っている」
このような悩みをお持ちの方は、使用アイテムを見直すことで改善できるかもしれません。
自分に合った歯ブラシを使って、口の中を清潔に保ちましょう。
製品選びに関して困ったことがあれば、クララスデンタルへぜひご相談くださいね。

ブログカテゴリの最新記事