唾液の臭いを強くするものとは

唾液の臭いを強くするものとは

唾液と口臭の意外な関係性

突然ですが、自分自身の唾液が「なんだか臭い」と感じた経験はありませんか?
唾液にはニオイがあるのか、口臭とはどのような関係があるのかといった内容について詳しく解説します。

 

唾液が口腔内の唾液腺から分泌されているということは、すでにご存じの方が多いと思います。水分以外に酵素なども含まれており、清潔な口腔状態の維持に一役買ってくれる存在です。
また口腔内の酸を中和して、むし歯を予防するという重要な役割も果たしています。
唾液は無色透明でニオイもないのが基本ですが、臭いと感じることがあるのは一体どうしてでしょうか?

 

口腔内に潜む「嫌気性細菌」とは

酸素が少ない環境を好む細菌を「嫌気性細菌」といいます。嫌気性細菌は、酸素が多く含まれているサラサラとした唾液を嫌います。
しかし口の中の唾液が少ないと、嫌気性細菌は活発に働くようになるでしょう。その結果、唾液や口の中が臭くなってしまいます。
お気付きの通り、嫌気性細菌こそがイヤなニオイの原因なのです。

 

原因は一つだけではありません!

唾液からイヤなニオイがする原因は、ほかにも複数挙げられます。
具体的な理由や症状を、1つずつ紹介します。
心当たりのある内容はないか、ご自身のことと照らし合わせながら読み進めてみてくださいね。

 

色をチェックしましょう!

先述したとおり、唾液は無色透明であるのが基本であり正常な状態です。
しかし何らかの事情が絡むと、ニオイの原因にもなる「色」がついてしまうでしょう。
色ごとの、考えられる症状は次の通りです。
【赤色】歯茎から出血している
【黄色】歯茎が膿んでいる
【茶色】喫煙の影響(タールの色である可能性が高い)
【その他】飲食物に含まれる着色料によるもの

 

ほかに考えられる「ニオイの原因」あれこれ

イヤなニオイの代表的な理由として挙げられるのが、食後のブラッシング不足です。磨き残しがあると、細菌が繁殖して悪臭を放つようになるでしょう。
また、直前に食べたものがニオイを左右することもあります。ニンニクやタマネギなどを口にした記憶がないか、振り返ってみてください。
その他、サプリメントの多用や内科的疾患の有無などもニオイの原因となりえます。
まずは原因を突き止めて、適切に対処しましょう。

 

改善されないときはかかりつけ医に相談を!

唾液からイヤなニオイがする、色がついているといった症状がある場合は、体調不良を疑って原因を追究しましょう。
自分自身で突き止められないときは、かかりつけ医に相談して適切なアドバイスや治療を受けることが大切です。
クララスデンタルでも唾液のニオイや口臭に関する相談を承っていますので、お困りの方がいらっしゃいましたらぜひ一度お越しください。

ブログカテゴリの最新記事