歯が黒いのは虫歯それとも汚れ?歯が黒くなる原因と対処法・予防法

歯が黒いのは虫歯それとも汚れ?歯が黒くなる原因と対処法・予防法

歯が黒くなるのはどうして?

「歯が黒くなっている」と聞いて、あなたはどのような状態を思い浮かべますか?
きっと大半の人が「むし歯なのではないか」と疑ったはずです。確かに、それが理由である可能性は非常に高いです。
しかし、考えられる原因はむし歯だけではありません。
中には放置しておくと深刻な事態を引き起こすケースもあるため、早めの対処が必要不可欠です。
主な原因や対処法などを紹介しますので、心当たりがある方はぜひ参考にしてくださいね。

一番多い理由は…

冒頭でもお話しした通り、大半は「むし歯」によるものです。むし歯菌が歯の表面のエナメル質を蝕むときに、飲食物に含まれる色素が取り込まれた結果、色がつくと考えられています。
むし歯の場合は痛みを伴うケースが多いため、判断しやすいのではないでしょうか。
ただ、初期段階の場合は痛みがなく、黒い小さな点のみにとどまっていることもあります。健康な歯を少しでも残すためには、気になった時点で歯科医院を受診することが大切です。

 

飲食物やタバコによる着色汚れによるもの

カレーやコーヒー、タバコなどは、着色汚れの原因となります。
口にした直後に毎回うがいやブラッシングをしていれば、ある程度は予防できるかもしれません。しかし1日に何度も口にしていると、やがて歯が茶色や黒色になってしまうでしょう。
取り除くには、歯科医院で専用の機器を用いたクリーニングを受ける必要があります。着色汚れはもちろん、磨き残しのプラークや歯石も落とせて一石二鳥です。
また、ホワイトニングを行うのも有効な手段といえるでしょう。

 

金属製の詰め物や被せ物によるもの

金属製の詰め物や被せ物は、経年劣化により成分が溶け出すことがあります。その結果、歯や歯茎が黒ずんでしまうでしょう。
むし歯治療に用いられる金属は、時間の経過による酸化や腐食を免れません。
表面が汚れているのみならば、歯科医院でのクリーニングによって落とせる可能性が高いでしょう。不安な方は、施術を受ける前に歯科医院で確認してくださいね。
詰め物や被せ物を、交換してもらうというのも一つの方法です。
ただ、ここで注意してほしいのは「むし歯の可能性を否定できない」という点です。歯と詰め物の境目が黒い場合は、新たなむし歯ができてしまった可能性を疑いましょう。

 

プラスチック製の詰め物の変色によるもの

むし歯治療に用いられる素材に、プラスチック製の「レジン」と呼ばれるものがあります。
白い見た目をしており、保険適用で治療できることから、詰め物に用いられやすい素材です。
ただ金属製のものと同じく、時間が経つと徐々に状態が変化します。レジンの場合は変色し、茶色や黒いシミができたような見た目になるでしょう。
気になるときは、歯科医院で新たなものに交換してもらってくださいね。

 

黒い歯石によるもの

歯に付着したプラークは、時間が経つと石灰化して「歯石」になります。黄白色をしている場合が大半ですが、歯茎の内部や歯と歯茎の境目にできた「嚥下歯石(えんかしせき)」という歯石は、黒色をしているのが特徴です。
原因として考えられるのが、歯周病による歯茎からの出血です。血液を歯石が取り込んで、黒ずんでしまうというメカニズムです。
歯周病を悪化させる原因にもなるので、歯科医院で早めに治療を受けましょう。

 

抜髄によるもの

過去にむし歯治療で抜髄(神経の除去)をしていると、その歯が徐々に黒ずむことがあります。
そのような治療を受けていなくとも、転倒などで強いダメージを受けて神経が死んでしまったというケースも同様です。
この理由として考えられるのが、歯髄や血液中に含まれる鉄分の変色です。
歯そのものの色が変わるので、改善するにはホワイトニングや被せ物などが適しているでしょう。

 

歯を黒くしないためのポイント

ここまで、歯が黒くなる原因をいくつか紹介しました。
それぞれに対処法は存在しますが、通院に時間や費用がかかってしまいます。
次に紹介するポイントを押さえて、変色の予防に努めましょう。

 

口腔ケアアイテムを併用する

みなさんは普段、歯ブラシ以外の口腔ケアアイテムを使用していますか?
毎日欠かさず歯を磨いていても、磨き残しがあると歯の変色を引き起こすかもしれません。
歯間や奥歯などの磨きにくい部分には、デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。歯ブラシでは落としきれない汚れを、きっと取り除けるはずです。

 

定期的に歯科クリーニングを受ける

どれだけ複数の口腔ケアアイテムを併用しても、うまく活用できていなければ磨き残しが生じます。
日頃のセルフケアに、歯科医院での定期的なプロケアをプラスして清潔な口腔状態をキープしましょう。
専用の機器を用いて汚れを落としつつ、歯や歯茎の状態も確認してもらえるという利点があります。口腔トラブルの早期発見・治療にもつながり、歯の健康を保つことが可能です。
3ヶ月~半年に1回程度は、歯科医院でクリーニングを兼ねた検診を受けるようにしてくださいね。

 

まとめ

歯が黒ずんでお悩みの方は、かかりつけ医に相談しましょう。原因を突き止め、適切な対処をしてくれるはずです。
痛みがないからといって、放っておくのはNGです。のちのち深刻な事態を引き起こす可能性があるため、早めに診てもらいましょう。
美しい白い歯で、毎日の食事や会話を楽しみませんか?
歯の変色について何か困ったことがあれば、クララスデンタルへ気軽にご相談くださいね。

ブログカテゴリの最新記事